浦和美園の矯正歯科【裕木歯科クリニック 矯正歯科】の小児矯正について

小児矯正

トップページ > 小児矯正

小児期の矯正をおすすめする4つの理由小児期の矯正をおすすめする4つの理由

  1. 1、歯を抜かずに済む可能性が高い1、歯を抜かずに済む可能性が高い

    矯正治療は、歯とあごのバランスを整えて歯並びを正常にする治療ですが、永久歯が生えそろいあごの成長が止まった成人の場合は、歯を動かすスペース確保の為に抜歯が必要な場合があります。
    この点、成長期であるお子様の矯正治療では、あごの骨も成長に合わせて広げることができるため、歯を抜かずに歯が並ぶスペースを作ることができます。

    子供

  2. 2、成人より短期間での効果が見込める2、成人より短期間での効果が見込める

    成長期のお子様の歯は、成人期よりも歯が動きやすい傾向にあります。そのため、小児期の矯正治療では、器具を装着して歯を動かす「動的矯正期間」が、成人に比べ短くて済む場合が多いのです。
    ただし、お子様の成長に合わせた治療となるため、個人差があり、成長の過程に合わせた柔軟な治療計画の変更が必要になることがあります。

    子供

  3. 3、永久歯が生える環境を整備できる3、永久歯が生える環境を整備できる

    咬み合わせに問題があったり、歯並びがデコボコしていたりするのは、歯の大きさに比べてあごが小さいといった、あごと歯のバランスがとれていないことが原因です。
    お子様のうちから矯正治療を進めることで、あごの骨の成長を調整しながら永久歯が生えそろう環境を整え、成長とともにきれいな歯並びを作ることができます。

    歯磨きをする子供

  4. 4、思春期のコンプレックスを解消4、思春期のコンプレックスを解消

    「口元が気になって、思い切り笑うことができない」という悩みは、大人だけでなく、思春期のお子様が抱えるコンプレックスのひとつです。歯並びの治療を小児期から始めることで、思春期の多感な時期の悩みを軽くすることができます。
    歯並びを整えるといったお口の健全な環境は、心と身体の健全な成長に必ずプラスとなるでしょう。

     

小児矯正が必要と思われる注意すべき症状小児矯正が必要と思われる注意すべき症状

受け口になっている受け口になっている 受け口は、上の前歯より下の前歯が前に出ている歯並びのことです。
受け口をそのままにして成長すると、発音が不明瞭になったり、咀嚼機能が低かったりといった問題を生じる場合があります。
歯並びが悪い歯並びが悪い 歯並びが整っていないと、見た目が悪いだけでなく、歯磨きがしづらいために磨き残しができ、歯周病やむし歯の原因になります。
また、正しく発音できない、あごの痛みや肩こり・腰痛の原因になるなど、全身の健康にも影響を及ぼします。
指しゃぶり癖がある指しゃぶり癖がある 指しゃぶりは乳幼児によく見られますが、4、5歳を過ぎてもこの癖が続いていると、歯並びに悪い影響を与えます。
指しゃぶり癖を放置しておくと、上下の前歯に隙間が空く「開咬」になったり、出っ歯になったりする危険性があります。
生えてこない歯がある生えてこない歯がある 永久歯が生えてこない原因としては、歯が骨の中に埋まっている「埋伏歯」や、歯の元になる歯胚が先天的にない「先天欠如」などがありますが、生えてくるべき場所に歯がないことで、歯並びや咬み合わせに悪影響を与えます。

小児矯正治療の一般的な流れ

 STEP1:初診相談、カウンセリング
所要時間約30分~60分

初診相談・カウンセリング

まずは、ご両親とお子様のお悩みや疑問・ご希望などをじっくりとお伺いし、矯正治療の概要と流れについてご説明します。
お子様の成長時期や症状によっては、すぐに治療を始めずにしばらく経過を見ることもあります。

 STEP2:検査
所要時間約60分

検査

お子様に合った治療計画を立てるために、必要な検査を行います。
実際にお口の中を見て詳しい診察をし、お口お顔の写真撮影、レントゲン撮影、咬み合わせのチェックなど、歯や骨の様子も精査し現状を確認します。

 STEP3:治療計画のご説明
所要時間約30分~60分

治療計画のご説明

STEP2の検査結果を元に治療計画を立案します。
ご両親やお子様のご希望も考慮しながら、症状に合わせた治療方法や治療期間・費用などについて決定していきます。
疑問がある場合は遠慮なくお話しください。
十分にご納得いただいてから治療の開始となります。

 STEP4:装置装着、口腔ケア指導
所要時間約30分

装置装着、口腔ケア指導

むし歯がある場合は、矯正治療を始める前に治療を行います。また、矯正治療中は歯磨きがしづらくむし歯になりやすいので、正しい歯磨きの練習も行います。初めて矯正装置を装着する際は、1~2時間程度の時間を要します。

 STEP5:矯正治療期間
通院頻度3~6週1回

矯正治療期間

矯正治療中は、一般的に1ヶ月に一度ご来院いただき、歯の状態の確認、矯正装置の調整やメンテナンスを行います。
歯並びが整った後は、歯が動かないように保定装置(リテーナー)を装着し、咬み合わせを安定させます。

裕木歯科クリニックの小児矯正の3つの特徴裕木歯科クリニックの小児矯正の3つの特徴

 分かり易い料金体系

浦和美園の裕木歯科クリニックでは、小児矯正においての料金体系を明確にしています。
矯正装置を装着するまでの「初期費用」、定額の「メンテナンス費用」、矯正装置を外した後の「保定装置費用」といった、それぞれの治療時期にかかる費用について、治療を始める前にきちんとご説明し、ご納得いただくよう心がけています。

 ライフスタイルや症状に合わせた矯正治療

矯正治療といえば、「金属の装置が歯にびっしり並ぶ」といった印象があり、治療を始めるのを敬遠されている方も多いのではないでしょうか。しかし、昨今の医療技術の発達により、様々な矯正治療の方法や装置が開発されています。
浦和美園の裕木歯科クリニックでは、年齢や症状に合わせた治療方法に対応し、通常のワイヤー装置だけでなく、マウスピース形の装置や、歯の裏側に付ける装置などをご用意しています。また、スポーツをされていたり、見た目を気にされる場合など、ライフスタイルやご要望に合わせ、治療方法をご提案いたします。

 お子様も通いやすい歯医者さん

浦和美園の裕木歯科クリニックでは、治療に慣れていない小さなお子様も安心してゆったり診療を受けられるよう、さまざまな工夫をしています。
親御さんと一緒に診察を受けられるよう、診療室は広いつくりになっています。また、キッズスペースが診察室内にあり、おもちゃをたくさんご用意。がんばって治療を受けられたお子様には、ガチャガチャのプレゼントもあります。
スタッフ一同お子様の笑顔を大切に診療にあたっています。

矯正のご相談は無料です初診のご予約・ご相談

矯正歯科のご案内

  • コンセプト
  • 矯正歯科について
  • 矯正治療の流れ
  • マウスピース矯正
  • インプラント矯正
  • 小児矯正
  • 料金表
  • 医療費控除
  • 歯科矯正に関するQ and A

クリニックのご案内

診療時間変更のお知らせ

10月23日(日)より日曜日の診療時間が下記に変更となります。

AM 9:00~13:00
PM 14:00~17:00(最終受付16:30)

診療時間

AM 10:00~13:00
PM 15:00~21:00(最終受付20:30)

AM 診療 診療 診療 診療 診療 診療 日曜の診療
PM 診療 19:00まで 診療 19:00まで 診療 19:00まで 日曜の診療

19:00まで…火・木・土のみ19:00まで
(最終受付 18:30)

13:00まで…9:00~13:00
17:00まで…14:00~17:00
(最終受付 16:30)

診療カレンダー


■…休診日  ■…午前休診  ■…午後休診
        サイドメニュー上部 サイドメニュー下部

PAGE
TOP